2016年11月22日火曜日

内骨格 ver 2.45

内骨格 ver 2.45 をリリースしました。

https://sites.google.com/site/craftware/cfiler

2.45
  • ビルドに Visual Studio 2015 を使うようにした。
  • Python34 から Python35 に移行
  • cx_Freeze の使用を止め、独自の方法で配布パッケージを生成するようにした。
  • WebDrive で Amazon Cloud にファイルをコピーするときに、エラーが発生することがあるのを修正。タイムスタンプやファイルの属性のコピーができないときは、その処理をスキップするようにした。
2.44
  • UNC の マウントポイントの表示が、ドライブ名の大文字/小文字設定の影響を受けていたのを修正。
  • コマンドラインオプション -L / -R に、"./doc" や "c:" などの相対パスを渡したとき、絶対パスに変換して使うようにした。

8 件のコメント:

  1. 旧verはもう公開していないのでしょうか?

    返信削除
    返信
    1. 同じ場所に一つ古いバージョンまでは置いています。

      http://crftwr.github.io/cfiler/download/cfiler_243.exe
      http://crftwr.github.io/cfiler/download/cfiler_245.exe

      それより古いものが必要ということでしたらお知らせください。

      削除
    2. 遅くなりましたがありがとうございます。

      削除
  2. 外部からディレクトリを渡してやると、内骨格の多重起動を抑制してそのディレクトリをアクティブにすることはできますか?
    そのような機能がすでにあって見落としていたならすいません。

    返信削除
    返信
    1. 多重起動を抑制して、というところが現状ではできません。
      ディレクトリを渡して起動することはできます。

      削除
    2. わかりました。
      ありがとうございます。

      削除
  3. かつて配布されていたcraftdropのように選択したアイテムをドラッグ&ドロップする機能をショートカットキーでできるようにする機能を実装する予定はないでしょうか?
    あふでできているのでこちらでもできるようになると何かと便利なのです。

    返信削除
    返信
    1. ご要望をありがとうございます。
      今のところ、その予定はないのですが、機能追加案のリストに加えておきます。

      削除